無料ブログはココログ

« 週末の動き (2012/07/08)-3 | トップページ | 記念局について »

デュープレクサーの修理

今週末は仕事なので、今日はお休み。
先日壊れているのを発見したデュープレクサーの
蓋を開けてみました。
ローカル局から「中は何にもないよ」と言わた通り
コイル、コンデンサ、トリマーしかありません。
確認したところ、430MHzの入力ケーブルの中芯の
ハンダ付けが外れていました。

201207111

早々にハンダ修正を行いました。
他の所は問題なささそうですが、確認する測定器は
テスターしかないので導通だけ見ておきました。

手持ちのデュープレクサーをよく見ると、430MHzの
Nコネの種類が異なります。ケーブルも違う様ですし、
表記もMX-3000のあとの(N)がありません。
これはオークションで購入したのですが、元の持ち
主がケーブル・コネクタを変えたようです。
怪しいものを掴まれたかもしれませんが、仕方が
ないですね。

201207112

予備があったほうがよいかもしれません。

« 週末の動き (2012/07/08)-3 | トップページ | 記念局について »

無線のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

勉ちゃん 原因が判って良かったでしね。

ハンダが外れていたとは・・・
それでも、交信出来てたのね?
ファイナルが壊れなくて 良かったですね。

kenchanwood様 ご指摘のとおりしょうもないところが壊れていました。
多分中途半端につながっていたのでQSOできたのでしょう。
念のため、新品を購入中です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/155268/46290126

この記事へのトラックバック一覧です: デュープレクサーの修理:

« 週末の動き (2012/07/08)-3 | トップページ | 記念局について »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック